お得に住みたいなら知っておこう!賃貸物件にまつわる交渉術

出来るだけ安く住みたいというのが心情

賃貸物件に入居するとき、とりわけ初期費用は馬鹿になりませんよね。高いところであると、初期費用だけで40万円も50万円もかかってしまうことがあるため、是非とも安く済ませたいものです。しかし、人気の物件であればあるほど、そう簡単に安く住めるものでもありません。人気の物件は需要が高いため、その分だけ費用も高くなってしまい、しかも交渉を使用にもなかなか聞く耳を持ってくれないためです。しかしそんな時には独特の交渉術を覚えておくと、非常に役に立つかもしれません。

狙い目は敷金ではなく礼金

賃貸物件は交渉によっていくらか賃料や初期費用を安くすることが可能です。いわゆる値切りですね。賃貸物件の値切り交渉のポイントといえば、まず敷金よりも礼金を狙うべしということです。敷金と礼金はよく聞く言葉かもしれませんが、その意味や成り立ちなどについては意外と知られていないものです。敷金というのは、担保金の性質を持つ入居者にとっても大事なお金なのに対して、礼金は大家さんの懐に全額入るだけの、いわば大家さんの臨時収入のようなところがあるので、交渉するなら礼金を狙った方が良いのです。

少し環境の良くない物件を狙う

言わずと知れた人気物件であると、交渉して好条件を勝ち取るのはやはり難しいと言わざるを得ません。一方、少し環境面で不具合があるような物件であると、交渉次第では条件をより良くすることも可能です。ある程度、入居者集めに困っているような物件は、条件を下げてでも入居してほしいと考えるのが常です。入居者がいないと、賃貸経営者の主な収入源である家賃収入を得ることができないからですね。なので交渉が成功しやすいのもこうした物件なのです。

北海道の道庁所在地となっている札幌市は、多くの観光客が訪れる観光都市にもなっていますが、市街地も多く住宅の数も多いです。そういったことから、札幌の賃貸物件は数が多くあります。