マンションリフォームでトイレを使いやすく!

トイレは家の中でも重要な場所

トイレは家の中でも唯一ひとりでゆっくり落ち着ける空間ですので、家族全員が快適に利用出来るようなスペースにしておきたいものですよね。しかし、築年数の古い中古マンションの場合はトイレが狭くて使いにくかったり、汚れが気になったりと快適に利用出来ない場合があります。また、段差などがあると車椅子が必要になった場合に大変危険です。そういった場合はトイレリフォームを行うことによって、使いやすいトイレに変身させることが出来ます。

トイレリフォームのポイントは使いやすさと安全性!

トイレリフォームを行う際のポイントとなるのが使いやすさと安全性の高さです。トイレの出入口に段差が無ければ車椅子での出入りもスムーズですし、十分な広さを確保すれば介助者も楽に入ることが出来ますし掃除もしやすくなるというメリットがあります。また、トイレ内で何かあった場合のことを考えた場合トイレの扉は外開きにしておくと安心ですが、洗面所のスペース的に外開きが難しい場合はスライド式のドアにする方法もあります。

マンションのトイレリフォームの注意点って?

トイレリフォームを行うことで快適なトイレにすることが可能ですが、マンションにおけるトイレリフォームで注意しなければならないのが、管理組合の許可無しに勝手にリフォームをしてはいけないという点です。物件によっては近隣住民の許可が必要な場合もあります。また、リフォーム業者を選ぶ際にはマンションのトイレリフォームの実績が豊富で、実際にトイレリフォームを依頼したことがある人からの口コミ評価が高いリフォーム業者を選ぶようにすると安心です。

マンションリフォームは、住宅の住み心地を向上させる取り組みとして評価されており、常日頃から業者と相談をしながらタイミングを図ることが大事です。