知っておきたい!トラブルを防ぐための敷金の基礎知識

そもそも敷金とは何か?

敷金とは、賃貸の部屋などを借りるときに支払う保証金のことで、入居者が家賃を支払えなくなった場合の保証や、退去時に部屋の修繕費などに当てることを目的としています。本来であれば、何も問題がなければ戻ってくるお金なのですが、実際はかなり減額されていたり、さらには全く戻ってこなかったという経験をした人も多いのではないでしょうか。それは「原状回復義務」というものによって、敷金を、修繕費やクリーニング費などに当てられてしまうために起こることなのですが、契約時にしっかりと確認や取り決めをすることで、そのようなトラブルを防ぐことが可能です。

原状回復義務とは何か?

敷金についての問題やトラブルの元になるのが、この「原状回復義務」と呼ばれるものです。つまり建物の破損や消耗、汚れなどは、入居者(賃借人)の責任で元に戻す義務があるという意味なのですが、いったいどこまでが入居者の責任なのかということが曖昧になっているケースも多く見られます。しかし国のガイドラインでは、「故意または過失によるものは入居者の責任」になり、「普通に生活する上での自然消耗(畳が磨り減るなど)は大家さん(賃貸人)側の負担」になるという趣旨の指針を示しています。また現在では、このガイドラインに沿った考え方が主流になってきていると言われています。

契約時に何を注意したらいいか?

いくら国のガイドラインがあるといっても、入居時に交わした契約書の中に、畳の取替えやクリーニングの入居者負担が書かれている場合はそれに従うしかありません。なので退去時に起こりがちな敷金のトラブルを防ぐためには、まず契約時の確認をしっかりと行うことが必要になります。入居者側の責任が曖昧な場合は、畳やクリーニングなどについて細かく確認を取る必要がありますし、契約書の内容に納得がいかない場合は、国のガイドラインを示して交渉してみるのもよいでしょう。つまり、自分が納得した場合にのみ契約するという心構えが重要になると言えます。

江別市の賃貸は物件の数が多い上に、交通アクセスが充実していて便利ですから、関心を持つ人が増えています。